読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカネログ

社会人2年目、気が付いたらブラックに染まっていた…

私がブラック企業を退職する理由

こんにちわ!ナカネです。

 

 

2017年2月現在、私は会社を休職しています。

休職はちょっとした病気が原因なのですが、

1月には転職活動を始めていて、3月には退職しようと思っていました。

 

これから就職活動を始める人もいると思うので、

私が退職をしようと思った理由について細々と書いていこうと思います。

就職活動の参考になればいいなあ…(笑)

 

 

目次

 

 

ずばり退職理由

一言で言うと

『このままこの生活が続くのは嫌だ!!!!』

と思ったからです。

 

朝8時から夜の23時、終電ギリギリまで仕事をして、

帰ってすぐに寝なければ、睡眠時間が足りなくなってしまうため

夕飯は帰りながらおにぎりを食べる…

友人と遊ぶ約束をしていた土日は出勤でつぶれ、

いつしか友人からは連絡が来なくなりました。

 

入社2年目で5~6名のチームリーダーを任されるようになりましたが、

実力が追いつかず、プレッシャーばかりを感じる日々…

3年目になればより責任ある仕事を任せられるようになるけれど

失敗すれば自己責任で会社は守ってくれない…

そんなことを考えているとゾッとしたんです。

 

まだ24歳、できることややりたいことは沢山あるのに

毎日オフィスでPCに向かって、お昼も食べながら仕事して、

終電ぎりぎりまで仕事して腐っていくのか…?

いろいろなものを犠牲にしてまでやるような仕事なのか?と思いました。

 

 

また、仕事内容以外で退職に繋がった大きな出来事がありました。

 

1年目の新人は残業すると会社に対して理由を説明しなければならないため、

勤務時間証明書には18時以降の時間を書かないでくれ、と言われました。

本当は残業代が出るはずだったのに、申請できず、ただ働きをしていたわけです。

 

しかし、2年目になると、

残業しているにも関わらず勤務時間証明書をなぜちゃんと書いていないのか、と言われました。

 

1年目と2年目で会社から言われることが変わっていて、すごく混乱しました。

これが「理不尽」というやつなのかと思いました(笑)

 

私が好きだった会社の本質は、とても冷たかったのです。

私は初めてこの企業をブラックだと思いました。

 

話せばいろいろありますが、

ちょっとづつ感じ始めたもやもやが

積り積もって退職・転職活動に繋がっていきました。

 

私が勤めている会社

私はIT企業に勤めています。

東京に本社があり、地方にいくつか支店を持っていて、

グループ会社を合わせると1000人以上のまあまあ大きい会社です。

私は地方に配属されていて本体社員約50名の中の一人です。

 

IT企業ではありますが、かなり体育会系で、

入社3年目になると同期が半分にまで減ってしまうような、

輪若手社員の離職率がものすごいことになっている会社です。

ただ、実力主義で年齢に関係なく「できる奴」はすぐに評価され、

年収もぽんぽん跳ね上がっていきます。

 

社内競争が激しく、上位者から評価されれば上に登って行けますが、

一度低評価をつけられると挽回が難しく、メンタル的に追いやられる人もいます。

 

やりがいや達成感を求め、ポテンシャル高く仕事が続けられる人にとっては

とても良い会社であると思っていて、そういう部分は私も好きです。

 

退職を決めてから気が付いたこと

私は現在勤めている会社を好きで入社してきました。

それに加え良くしてくれた上司や先輩がいたからこそ、

今まで好きという気持ちを失わずに仕事をすることができてきました。

 

ただ、冷静になって考えてみると、

社員をただの働く駒としてしか見ていないことに気が付き、

その風潮が悪いと気が付いていながらも誰も正そうとしない空気感があることにも気が付きました。

なぜ正そうとしないのか。見てみぬふりなのか。

 

みんなめんどくさいんです。

上位者からの評価が全ての会社で、上位者に抗議することが怖くてめんどくさいんです。

会社が守ってくれないことを知っているから

「評価が下がる」というリスクを負ってまで

会社を良くしようという気にならないのです。

 

このままの状態が続くとどうなるのか、

社員が抱えている不満が積り、会社に対する信用がなくなり、

社員がいなくなって、会社は衰退していきます。

 

その状況に気が付いた私は、

「このままここにいたらだめだ、腐ってしまう」と思いました。

 

 

最後に

会社も仕事も好きでした。

 

私は人の良い部分を信じて今まで生きてきました。

自分の好きなことをして、好きな人たちに囲まれて生きてきました。

 

そんな私にとって、

この2年間に感じた会社の冷たさや、

自分の時間を犠牲にしてまで働いて、好きな人たちに会えない生活が

私の価値観とライフスタイルに合わないことに気が付きました。

 

自分の本質を見失うな

と、尊敬する上司が教えてくれました。

 

私は次のステップに行くことを決めました。

今から就職活動する人、ブラック企業に勤めている人、

会社に不満を抱いている人、仕事を変えたいと思っている人、

自分の本質を見失わないで。

 

 

以上、私がブラック企業を退職する理由についてでした。